スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加中。ぽちっとしていただけると喜びます。
にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ blogram投票ボタン
 ブログランキング

拍手する ←短いコメントでしたらこちらからも…。

スポンサー広告 | Top ▲

【雑記】長曾我部元親と西長尾城。

►2009/09/07 23:46 

昨日は、小十郎の中の人、森川智之さん率いるバンドのライヴに行ってきました。
昼夜2公演で2回共に観てきたので、疲れが抜けません。
ライヴって体力奪われますな…。凄い大騒ぎした訳でもないんですけどね。
バンドの音と表現力の迫力に魅入って、大騒ぎしたくても出来なかった;;
感想らしきものはこちら(奥様は腐女子(仮))で書いているので、こっちでは書きませんが、「非常に良かったです。」とだけ言っておきます!!
次も観にいく。絶対!ロック好きなら気に入ると思われます。

さて、前回までやっていた身長考察に関しては、まだまだ妄想は尽きないので、なんでこの背になった?という部分を追々埋めていこうと思います。
ただ私が萌え妄想したいだけって話ですが…。
「ブログは究極のマ/ス/タ/ー/ベ/ー/シ/ョ/ン」と言われる方が多いですが、櫻井もまさにその通りだと思っているので…。
好き勝手にだらだら書きますよっと…Σ(´ロ`;)

戦国BASARA 武将巡礼Vol.3長曾我部元親戦国BASARA 武将巡礼Vol.3長曾我部元親
(2009/09/03)
戦国巡礼研究会監修

商品詳細を見る


↑を読んでいて、余計にチカのが好きになったよ!!行きたいな四国。

櫻井は、実はあまり長曾我部家(一般的には“宗”ですが書き訳が面倒なのでここでは“曾”で統一。)のことを知りません。なので、今更ですがちょこちょこ勉強中なのですが…。
史実をそのまま書くのは、歴史を専門に調べたり、考察されてるブログ様やサイト様が詳しく分かり易く書いて下さってるので櫻井はしませんが…。
思わぬ“腐”的な意味での萌えを見つけたので書いておきます。
長曾我部元親の気になる持ち物「西長尾城(別名:長尾城・国吉城)」
長尾氏の持ち物だった城を落とし、翌年新たに城を築いて、家臣の“国吉甚左衛門”を城主にして大切に大切にしてました。讃岐制圧のために必要な城だった訳ですが。
櫻井的には『少しでも安芸(広島)に近いとこに城が欲しかったんだよね!?』と思う訳でして…。
長曾我部元親と言えば、土佐(高知)。元親のお城と言えば岡豊城が有名だけど…。土佐から安芸へ行くのに、四国内の陸地移動は、伊予か讃岐を抜けて行かないととならないという…。立地条件が物凄く悪い;;
(土佐から太平洋抜けて大回りとかこの際無視だよっ!)

州゚д゚): 「貴様、我が呼んだらすぐ来い。最優先で来い。毎度、毎度遅すぎる」
(|||´Д▼): 「俺、家(城)が土佐じゃない?これでも頑張ってるんだゼ」
州゚д゚): 「ならば、近くに住めば良いではないか、今のままではそちらに行く気にもなれん」
( ゚∀▼)!: 「ちょっと俺、讃岐やってくるわ」

なんのために、ナリ様がチカを呼びつけているのか謎ではございますが…。
そんな会話からチカは讃岐を攻めたんでは無いかと思われる訳で…。
遊びに行く気などさらさらないけど、呼んだら早く来て欲しいと思っているナリ様に、上手いことのせられたんでしょう。
手に入れた、城の立て直しはナリ様が遊びに来てくれることを信じて綺麗にしたんだよ…。
信親あたりに「父上は無駄遣いが過ぎる!」と猛反対されながらも、「讃岐制圧のためだ」と嘘をついていてくれたのなら、チカが格好良すぎると思いました(゚□゚)!
まぁ。ナリ様はナリ様で、瀬戸海に近い「宮尾城」をお持ちですから…ね?
なんだかんだでラブラブなんですな。



ランキング参加中。ぽちっとしていただけると喜びます。
にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ blogram投票ボタン
 ブログランキング

拍手する ←短いコメントでしたらこちらからも…。

テーマ : 腐女子日記 - ジャンル : 日記

雑記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。